*

新しい生活始まる!

公開日: : 独り言

コロナウイルスの足音がそこまで迫っている今日この頃

いろいろ考えて新しい生活が始まった

離れて暮らす家族の感染を心配する日々

これまで毎日30人を越える子供達を見守る生活から

髭親父とたんぽぽ探知犬カリンだけの生活になった

そう、先日 長年勤務していた学童保育を退職した

故郷の年老いた母親をはじめお世話になった叔父叔母も皆、高齢になっている

そんな中、嬉しいことに新しい命の誕生もある

実家や子供達がわたしの力を必要とする時が来ている

だからここで一旦、働き方を変えることに決めた

わたしの中ではそこに至るまでにそれなりに時間もかけ、納得してラストの日を迎えたけれど、子供達はそうではなかった

わたしが辞めることを伝えたのは辞める日の前日だった

今しかないというタイミングで「先生は明日が最後になります」と伝えた

その瞬間に号泣する子がいた…

まさかの展開になってしまったけど…明日も会えるから!と言ってなだめた

これまで沢山の先生が去った

けれど「さよなら」を言って去った先生はいなかった

先生っていう立場なのに…

わたしはそんな終わり方をしたくなかった

だから子供達にはちゃんとお話をして辞めることを伝えた

子供達に何か説明をする時はいつもより少し大きな声で注目させる

「先生からみんなにお話があります」

すると子供達はちゃんと話を聞いてくれる

子供達との信頼関係を築くのにどれだけの時間がかかったのだろう…

春、入学式前のこと

数日前まで保育園でお昼寝をしていた新一年生を朝から預かり

お絵かきや折り紙、工作、文字をなぞることなど

その子にあわせて明るく楽しく時を過ごした

一緒にお弁当を食べてお母さんがお迎えに来るまで大勢の子供達を見守った

ずっとそばを離れない子もいた

先生と一緒にお弁当を食べたいと言ってくれた

お勉強していたら居眠りしてしまう子もいた

小学校に入学前の子供を預かる春休みは子供にとっても先生にとっても大切な時間だった

学校が始まると時には学校にお迎えにも行くこともあった

「集団下校」の日は住まいの地区ごとに分かれて集団で下校する

学童保育に通う子供達はそれぞれの学童保育ごとに集まって学童保育の先生と下校する

そんな時はわたしの姿を見つけて大きな声で「〇〇せんせー!」と声をかけられた

学校が終わると、一番になりたくて走って帰って来る子もいれば

泣いて帰ってくる子もいた

宿題もしないでお母さんに会いたいと泣く子もいた

いつもそんな不安を抱えている子供達に寄り添ってきた

「何か困ったことがあったら何でも先生に言ってね」と言ってもそれはハードルが高く、言いたいけど言えない子が大半

だからこちらからそれを見つけてあげないといけない

戸惑っている子供を見つけて、声をかけて解決してあげるとホッと安心する

そんなことを毎日毎日繰り返してきた

ひとりひとりの子供を見守るなかでだんだんと個性を見つけることが出来て来る

やんちゃな男の子も居れば、やんちゃな女の子もいる

言葉で言えないから手や足が出る子もいる

目を離すと王様になる子もいる

王様は本当は王様じゃなくて、家でも学校でも我慢しているから学童で王様になっていることもある

でもそんなことをしていたらお友達が遊んでくれなくなることを学習する

いつもひとりぼっちの子も…

自分が子育てをしていた時は全く余裕がなかったけれど、長く生きて来たことと

自分の子供ではないことで冷静に対応できたのだと思う

ラストの日、保護者の方からも沢山の素敵な言葉をいただいた

ご夫婦で挨拶に来てくださった方もある

子供達からも思いがけないプレゼントを貰って泣いてしまった…

子供達からの心のこもった贈り物に感激!
沢山の子供達からのメッセージがギッシリ!
わんわん号泣してくれた女の子と毎日遅くまで残っていた女の子からのメッセージ♪
背表紙にまで素敵な言葉が!

この素敵な贈り物を一生懸命に作ってくれていたこと その日薄々気付いていたのだけど…

「先生、このお部屋入っちゃダメ!」とか

「あ、〇〇先生来た!」とか(笑)

もう可愛くて可愛くて~♪

あと一時間ほどでみんなが帰ってしまうという頃に 

残っている子が集まって大きな声で「ありがとうございました!」って言ってくれてコレを受け取って…

嬉しくて感激で泣いてしまった…

ただただ嬉しかった

もうどれくらいの年月流したことがないであろう感激の涙!

今こうして文字にしていてもウルウルしている…

子供達との時間は本当に大切な時間だった

楽しかったことも大変だったこともひっくるめて素敵な時間だった

この素晴らしい経験を生かせる時がきっと来ると信じている

子供達は退職ではなく卒業と祝ってくれた!

新しい明日へのお祝いの日だった

素敵な時間をありがとう!

ありがとう!

ありがとう!

関連記事

入院中の食事の記録/入院11日目/退院の日

朝のパンがあたたかくて感動~♪ チューブのマーガリンも半世紀前の小学校の給食を思い出

記事を読む

キバナホウチャクソウ(黄花宝鐸草)その後の姿

毎日の散歩道 朝の散歩は清々しく本当に気持ちいい 最近は少し遅くなると暑いくらいでおば

記事を読む

50代・グレイヘアを振り返る

このブログを立ち上げて丸3年。 その頃は髪を染めないと決めてグレイヘア完成までのことを綴って

記事を読む

熊!ツキノワグマ!出没~小松市に出た画像有り!熊よけの鈴は効果ある?

小松市在住の歌手・結城ひろしさんから熊出没情報を得た!? 熊と鉢合わせになったわけではないけ

記事を読む

一日一捨は家が綺麗になるんじゃないかな?と期待している!

コビット19の猛威に恐れながら自宅で過ごす毎日 学校も休校になり学童保育もお休み 毎日

記事を読む

そろそろお題を下ろして来ないと!

ここ数日お題のことなど忘れていたけど、「Cafebar たんぽぽ」もオンエア終了して、このサイトに

記事を読む

金沢大学薬用植物園「芍薬観察会」今年は中止

毎年5月には金沢大学の薬用植物園で「芍薬観察会」が催され、5月後半の2日間、薬用植物園に一般の人も

記事を読む

毎日歩いて身体を整えている生活

久しぶりのブログとなってしまった… 毎日毎日「今日も暑いね~」「めっちゃ暑いね!」「暑いわ…

記事を読む

2021年始動!

コロナ禍での日常が始まった。 元旦はラジオオンエア、2日は仕事部屋の壁紙張替え、3日は完全オ

記事を読む

久しぶりに金沢で過ごす年末年始

高齢の母が神戸で独り暮らしをしている上に、年始は親族が集まることも恒例となっていて、いつも年末年始

記事を読む

みんなで描いた皆既月食

2022年11月8日 たくさんの人々が夜空を見上げて天

祝・還暦!

先月、めでたく還暦を迎えられたわたし。 故郷神戸にて母と娘に美

コロナ感染で臥せっていた時に書いた歌詞「足湯にペンギン」

前回、コロナ感染したことを書きましたが、幸い後遺症もなく完全復活でき

ヤバイ!熱出てきた!となった土曜日の午後

今夜のおやすみ工房は始まって以来のスタイルになりました。 番組

「ちっちじゅ」歌詞を描きました♪

2022/08/05おやすみ工房『ちっちじゅ』 ht

→もっと見る

PAGE TOP ↑