*

金沢の端午の節句といえば「まきだんご」

公開日: : 独り言 , ,

ゴールデンウィークになると玄関先に朝掘りの竹の子がそっと置かれている

大家さんが各部屋にお裾分けを置いてくれているという幸せ♪

竹の子掘りについて行ってお手伝いしたいくらいに竹の子好きの我が家なのでホントに嬉しい♪

金沢は竹の子の産地で春になると「竹の子こんぶ」というこんぶがスーパーに並び、竹の子が手に入る頃には売切れていることが多い

昨年は裏年で竹の子のお裾分けは無かったので今年は期待していた!

竹の子のお礼はいつも決めていて、先日チョコっと書いた「まきだんご」を買って届けている

和菓子屋さんは営業しているのかな?という心配もあり、ネットで調べてから出掛けて、「まきだんご」を買って来た

もちろん、自分達の分もしっかり購入

不要不急の外出はしないと決めていたけど、お礼はちゃんとしないとね?

戸水屋のまきだんご

「おはぎ」みたいだけど、「おはぎ」じゃなくて「まきだんご」

楕円形じゃなくて三角形

餡の中は白いおもちじゃなくて草だんご

餡の中は草だんご

「まきだんご」を買うお店は《戸水屋》と決めている

金沢は和菓子屋が多く、どこの和菓子も本当に美味しい

そんな中でも我が家は《戸水屋》がお気に入り

職人さんご夫婦で営んでいるお店で創業嘉永元年という老舗

ぽってりとしで食べ応えのある「まきだんご」はひとつ160円

わたしにとっては500円のケーキより100倍美味しい!

金沢・戸水屋

住所:石川県金沢市寺町2-3-1

電話:076-241-1890

定休日:水曜日

戸水屋のある寺町は観光客があまり歩かない場所で地元のお客様に支えられている和菓子屋さん

駐車場は無いので店の前に車を停めて買うスタイル

注文してから作ってくれるので待ち時間が少々

上の画像の通り、見本が置かれていて欲しい数を伝えて注文する

待ち時間は目がキョロキョロと忙しい!

とにかく古い建物なので店の内装や建具、道具を見ているだけでタイムスリップしたような感覚になる

コロナウイルスが収束し、金沢に訪れることのある方は是非味わっていただきたい戸水屋の和菓子です

天埜めぐみのチョコっと金沢情報

金沢観光といえば兼六園や金沢城が有名ですがちょっと足をのばしたところにある忍者寺も有名

忍者寺の名前は妙立寺

金沢の繁華街・片町から徒歩で行くことが出来る

ここは見学に時間がかかるので予約しないと観る事は出来ないので

詳しくは忍者寺のサイトをどうぞ♪

関連記事

ちゃんとOisixをお試しした主婦の独り言

今日はウクレレは置いといて… 毎日毎日三食二人分 子育て時代は早朝にワン娘の散歩→お弁

記事を読む

no image

母に捧げる「おうちにいてね」

全国に緊急事態宣言が出されている ここ石川県は「特定警戒都道府県」に指定されている 実

記事を読む

準備30分実質15秒の総回診

入院3日目、まだ1日の流れがつかめないまま午後になった。 入院患者の昼食の時間も終わり配膳車

記事を読む

リップクリーム

リップクリームのちから

素肌育て三種の神器のひとつ・リップクリーム リップクリームに落ち着く前まではいろいろ使ってい

記事を読む

入院中の食事の記録/入院11日目/退院の日

朝のパンがあたたかくて感動~♪ チューブのマーガリンも半世紀前の小学校の給食を思い出

記事を読む

謹賀新年

記事を読む

動画編集の下準備でてんてこまい!

「おうちにいてね」とラジオに関する動画制作準備中で毎日パソコンのストック画像と睨めっこをしている

記事を読む

朝起きたら「背中が痛い」問題

グーグルでどれだけ検索をかけたことか 「朝起きたら背中が痛い」 背中が痛いって検索して

記事を読む

金沢の婆ぁばもかなりやったというお話(入院4日目)

昨日 隣人にまだ挨拶をしていないと書いた時はまだ平和だった。 今朝は待ちに待った流動食の始

記事を読む

熊!ツキノワグマ!出没~小松市に出た画像有り!熊よけの鈴は効果ある?

小松市在住の歌手・結城ひろしさんから熊出没情報を得た!? 熊と鉢合わせになったわけではないけ

記事を読む

季節が変わり製作物も変わるコサエル

一ヶ月ぶりのブログ更新となってしまった。 先月のじんべさん作り

じんべさん屋さん状態のコサエル

ネットでこの生地を見つけた時、その大きな金魚に釘付けになった

毎日歩いて身体を整えている生活

久しぶりのブログとなってしまった… 毎日毎日「今日も暑いね~」

自作のデスクの上にミシンやらマイクやら糸やら…

長い長いコロナ禍、自分の部屋を作り心地よく過ごせるように工夫し、今で

「りかの時間」カメラマンを楽しむ!

昨日は「おやすみ工房」の出演者である“りかちゃん”と「りかの

→もっと見る

PAGE TOP ↑