*

秋の色が美しくてたくさん写真を撮った朝の散歩道

公開日: : 独り言

ことしは毎日あちらこちらで熊が出没しているここ金沢。

山の麓で暮らす我が身。

これまでは足を鍛えるためにも裏山への散歩が日課だったけれど、今は怖くて上に上ることはない。

いつも山の上で会っていた黒柴君も自宅近くで熊が出たらしく麓まで降りてきて散歩をしているところにバッタリ出会った。

「上、危ないですよ!」って真顔で言われた(笑)

そういえばここで暮らし始めた頃、裏山が珍しく、大型犬のロゼを連れて神社を超えて教会まで進もうとしていたら見知らぬ人に「ここから上は熊が出るから危ないよ!」と声をかけられたことをよく覚えている。

その人は「大きな犬を連れていても危ない」と言っていた。

わたしはロゼを連れていて「怖い」と思ったことが無かったけれど、わざわざ地元の人が助言してくれるのだからよほどなんだろうなと思った。

それからは季節を選んで歩くように気をつけた。

今、熊がお腹を空かせて住宅街にやってきている。

熊も子供を育てないといけないわけで。

山の上の天狗の神社では太鼓を叩いて「降りてきたらダメだよ」と熊の安全を願っている人がいる。

大きな音を鳴らして熊に合図を出していると。

見つかったら駆除…つまり射殺。

お母さんが射殺されたらその子供はどうなるの?

子供はお母さんを探して住宅街におりてきて見つかったら…

それを思うとやりきれない。

昔、公園でどんぐりを山盛り拾って遊んでいたけれど、そのどんぐりが無いという。

可哀想に。

なんとか熊と共存できるように対策を考えないと!と強く思う毎日。

裏山への散歩は危険を伴うので最近は川沿いへ散歩に行くようになった。

お天気も良く、気持ちよく歩ける!けれど、熊って川を歩いて街まで出てくることもあるって聞いたような?

ってことはこの横の川を熊が歩いていることもあるかも!?

そんなことを考えていたら、川沿いも危険な気がしてきた(笑)

それにしても今日は秋の色がとっても綺麗だったので久しぶりにたくさん写真を撮った。

こうしてなんとなく撮り溜めた写真が何かの時に良い仕事をしてくれるから写真は面白い!

一枚の葉の中でのグラデーションが美しい!

川沿いを歩いている間に綺麗な色の落ち葉を拾ってしまった…

また何を始めるのかな?

そうではなく「綺麗だったから」という理由だけ。

自然のグラデーションって本当に美しい。

並べてるだけで綺麗な葉っぱたち。

このままの色をキープして飾る方法はないものか?と考えてしまうわたしは欲張り??

関連記事

今夜はオリオン座流星群が見られる日。流星を見て生まれた「僕のいちばん星」

今夜は流れ星が見られそうだと数日前に知って、観に行きたいなと思っていたのだけど、今年は熊が毎日のよ

記事を読む

カルシウム足りてる??

歳を重ねるとカルシウム不足になると耳にする カルシウムをとるために乳製品、牛乳をとるのが簡単

記事を読む

雪も解けて…大切なものを処分して…新しい挑戦が始まろうとしている!

景色を真っ白に塗り替えていた大雪も日に日に解けている。といってもまた降るかもしれないし、道端の茶色

記事を読む

キバナホウチャクソウ(黄花宝鐸草)その後の姿

毎日の散歩道 朝の散歩は清々しく本当に気持ちいい 最近は少し遅くなると暑いくらいでおば

記事を読む

朝の光景

院内には院内の時間の過ぎ方があって絶食で寝たきりの入院数日は耳でいろんなことを感じていた。

記事を読む

謹賀新年

記事を読む

今日のおやつは安納芋のスイートポテト♪

我が家はサツマイモが大好き♪ いつもこんな感じで小さい食べ切りサイズのサツマイモを買っている

記事を読む

入院中の食事の記録/入院4日目の流動食

虚血性腸炎ということで入院当日から3日間は絶食。 24時間点滴に繋がれっぱなし!

記事を読む

いろいろと自然なままが好き

白髪育てを始めて半年 ありのままの自分が楽だと素直に感じる このブログを書き始めたころ

記事を読む

菊桃って知っていますか?

今年は長く桜を楽しめたと感じながら毎日散歩をしている いつもの散歩道、歩き始めて一番に目にす

記事を読む

季節が変わり製作物も変わるコサエル

一ヶ月ぶりのブログ更新となってしまった。 先月のじんべさん作り

じんべさん屋さん状態のコサエル

ネットでこの生地を見つけた時、その大きな金魚に釘付けになった

毎日歩いて身体を整えている生活

久しぶりのブログとなってしまった… 毎日毎日「今日も暑いね~」

自作のデスクの上にミシンやらマイクやら糸やら…

長い長いコロナ禍、自分の部屋を作り心地よく過ごせるように工夫し、今で

「りかの時間」カメラマンを楽しむ!

昨日は「おやすみ工房」の出演者である“りかちゃん”と「りかの

→もっと見る

PAGE TOP ↑