*

自作のデスクの上にミシンやらマイクやら糸やら…

公開日: : コサエル

長い長いコロナ禍、自分の部屋を作り心地よく過ごせるように工夫し、今ではミシンが2台とパソコンがその日の仕事によって並びかたが変わるという毎日。

部屋がもう少し広ければパソコン専用のデスクが欲しいところだけど生地の裁断を考えるとこれ以上家具を増やすわけにはいかず断念!

ここにウォークインクローゼットがあればいいのになぁ…とか4畳半でいいからもう一部屋欲しいなぁと思う今日この頃。

先日散歩していると日当たりの良い窓際にミシンが数台と部屋の真ん中には大きな裁縫台、上から蛍光灯がぶら下がっているという素敵な仕事部屋を見かけました。

ミシンには白い布に覆われていて今は使われていないであろうその仕事部屋。

そのお部屋の主とお話をしたい気持ちになってしまった。

その昔、母の仕事部屋がそうであったようにミシンは窓際がいいなと思っていてまさに理想のその仕事部屋が使われていないのがとってももったいなくて。

なんなら使わせてもらえないかな?とマジで思った!

母が仕立ての仕事をしていたことはまだまだ単価も高く、高級というイメージだったけれど、今はオーダーメイドは世間から消えてしまい、和裁でさえもミシンが使われている時代。

ハンドメイドは巷に溢れ価格が崩壊してしまっている現実。

そんな中、兵庫県産の播州織の生地を使ってベビーのワンピースをせっせと作っているわたし。

時代に逆行しているのかな?とふと不安になったりしている。

そんな中、以前にワンコの服を買っていただいた方から追加のご注文をいただいたりして気分が上がったり。

良いと信じて作っているものばかりなので作品が完成した時は満足感でいっぱい。

その昔、ドッグカフェの店長をしていた時のこと、人間が食べられるレベルのワンコのおやつを開発したことがある。

パン屋さんに製作を依頼し、試作に試作を重ね、完成した時のことは今でもよく覚えている。

そしてわたしは行動した。

キャリーケースにサンプルのクッキーをつめて東京に向かった。

当時、ゴールデンレトリバーと暮らしていたわたしの憧れのお店「アイアンバロン」のお店の前で深呼吸をしてドアを開けた。

アポイントなしの飛び込み営業。

オーナーさんは温かく迎え入れてくださって、熱心に話しを聴いてもらえた。

素材の確認。

ワンコのくいつきの確認。

納期の確認。

問題は発送時の割れ、欠け。

それでもとりあえずやってみましょうということで飛び込み営業は成功。

第一号の取引先さんになっていただけた。

わたしがまだ30代半ばのときの話。

コサエルにもその熱さが必要と感じる。

あの時は外注だったけど、今は自分が生み出しているんだからもっと熱いよね♪

ラジオやりかちゃんとの撮影やら毎日の家事も。

そんな中、一枚の生地からお洋服を作り上げているんだからもっともっと広げたいと心から思う。

行動しなくては、あのころのように。

関連記事

月に一度のブログ更新

パソコンに向かう時間が1年前に比べるとグンと少なくなっています。 1年前にパソコンに向かって

記事を読む

ブログを放置して何をしているの?

只今天埜めぐみはショップ開店でミシンと戦っています! ハンドメイドショップ「コサエル」です!

記事を読む

「りかの時間」カメラマンを楽しむ!

昨日は「おやすみ工房」の出演者である“りかちゃん”と「りかの時間」の動画を撮りに小松まで行

記事を読む

コサエルの工房はスイカ一色!

何に追われているのか? なかなかブログ更新が出来ない日々。 コサエルの商品ページも作ら

記事を読む

Message

毎日歩いて身体を整えている生活

久しぶりのブログとなってしまった… 毎日毎日「今日も暑いね~」

自作のデスクの上にミシンやらマイクやら糸やら…

長い長いコロナ禍、自分の部屋を作り心地よく過ごせるように工夫し、今で

「りかの時間」カメラマンを楽しむ!

昨日は「おやすみ工房」の出演者である“りかちゃん”と「りかの

コサエルの工房はスイカ一色!

何に追われているのか? なかなかブログ更新が出来ない日々。

明日夜は特別番組「神戸のおばちゃんの早く寝night!」

昨年秋に木村さんとりかちゃんの番組で番組中に曲を作る

→もっと見る

PAGE TOP ↑